忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名前って変更できるの?

名付けられた名前を変更することがでてきたら?

どうなんでしょうか?

ウェブ辞典(ウィキペディア)より
名前の変更
基本的には、人名は通常、慣習や法などによって決まっている部分(姓)や生まれた時に両親などによって与えられ、それ以後変わることのない部分(名)のいずれか、またはその組合わせからなることが多く、生涯を通じて変わらない文化も多い。だが、ここにも例外がある。

例えば、婚姻や婚姻の解消に際して、夫婦間の姓の変更が行われる文化がある。婚姻やその解消は親子関係の変更を含むこともあるため、子の名前の変更を伴うこともある。

婚姻以外にも、人生の節目において名前を与えられたり改めたりする場合がある。一部のドイツ人の間では洗礼に伴ってミドルネームが与えられ、以後はファーストネームではなくその洗礼名が頻繁に用いられることになる。

との事、


赤ちゃんが生まれてから、社会的影響のすくない早い段階で、

改名することは、そんなに難しくない・・どこかで聞きましたが、

定かではありません。


なにせ、改名なんてことを視野にいれると、

後から変えられるって考えがはいってしまい、

名付け(名ずけ)の決断が正しくできなくなります。


名付け(名ずけ)一回できめましょう。

ほとんどの方はそうだと思いますが・・

字画が悪い(改名によって運気を高める目的がある)、

偶然に犯罪者と同姓同名となり迷惑を被っている、

珍名が恥ずかしい、

専ら本名以外の名を使用しており本名よりもそちらの方が知られている、

僧侶になるため名前を変える、

異性に間違えられる、

家に代々伝わる世襲名を名乗る、

婚姻や養子縁組によって姓を改名した結果配偶者や姻族・養家族と同姓同名になってしまう

などの理由で名の変更届によって改名が行われる場合がある。

こうした場合の戸籍上の本名の改名には家庭裁判所の許可が必要である。



やはり、改名は手間と時間そして、明確な理由が必要みたいです
PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
補聴器の選び方辞典
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 補聴器の選び方辞典 All Rights Reserved