忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

補聴器は本人の難聴の度合いに合わせて選ばなくてはいけません

最近は補聴器も小型のものがあります。小さいほうが目立たなくていいのですが、使い勝手に問題がある場合もあります。

聴器は眼鏡と違って付けてすぐ使いこなせるものではありません。ある程度使い勝手が分かるには、努力して、勉強して、使う時間を増やしていく必要があります。

中耳炎で耳だれがある人は補聴器は使えません。使う場合は耳だれを拭き取り、耳の中を乾かしてからでないと使えません。


デジタル補聴器には小さなコンピュータが入っています。いろいろな音や声の処理をすべてデジタル信号で行います。


オーダーメイドに指向性機能が搭載され、より快適に
さらに使いやすい「ストレスフリー」を実現。
軽度~重度難聴までカバーする多彩な補聴器です。

そのため、人の声と雑音を別々に処理して会話を強調したり、周りの状況に自動的に対応して快適な音量・音質を保つことができます。
また、さまざまな"聞こえ"の要求に応じて、きめこまやかな調節(フィッティング)が可能です。
PR
補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中

●耳の形に秘密があった!
 
開発当初、研究者が着目し、深い関心を寄せたのは人間の持つ貝殻の形をした耳『耳介(じかい)』の役割と効果でした。
 この複雑な耳の形は音の速さ、大きさ、距離、方向等に関係があると思われ、音がここを通ると、この形のために音の反射や屈折が起き、周波数も乱れます。そして、鼓膜を震わせ、脳へ音の情報を伝えているようなのです。

●耳は音を聞くだけでは無かったのです!!

耳はその形ゆえに脳に音を定位するための情報を伝達する事ができ、聞きたい音を集中的(選択的)に聞く事ができるのです(カクテルパーティ効果)。人ごみの中でも会話が出来るのはこの働きがあるからなんですね。

 私共は、左の画像にある人間の耳介の形をした音を拾い集めるものを作り(シリコンゴム製人工耳介)、その人工耳介を音の取り込み口に設け、この中にマイクを置けば、人が音を聞く状態で集音でき、自然で立体的な生の音が得られる考え、みみ太郎(SX-001)を開発しました。ですので一般的な補聴器とは構造が全く異なります。

補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中


●みみ太郎SX-007の特徴

みみ太郎(SX-007)は集音部分にシリコンゴムで作った人工的な耳介を使っていますが、他には一切特別な仕掛けがないのが大きな特徴です。
二つのマイクは子供から大人までの左右の鼓膜の間隔の平均値になるように取り付けてあり、これもより自然な音をお届けできる秘密です。



●みみ太郎SX-008の特徴

みみ太郎 (SX-008)は人工耳介技術を応用した特殊な集音マイクを開発したことで、集音部分を本体ではなくイヤホン部にを装着することが可能となりました。片耳でもより自然な聴こえを実現しています。


一般的な補聴器などは、デジタル処理をする器械などが入っているものがあります。しかし、人間の耳にはそういう機能は付いていません。
 そういった音を聞き分ける能力は、実は「脳の聴覚系」が行っているのです。
みみ太郎は健康な耳に近い状態で音を集め、脳に情報を提供し、後は脳の働きにお任せしています。

だから疲れないし、「生の聴こえ」が実現しているのです。
使う方自身の能力をお借りして聞こえるように支援するのが「みみ太郎」なのです。
これが補聴器にはない最大の特徴です。

みみ太郎を装着すると人間が本来持つ「聴くことへの集中力」が高まります。


補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中




補聴器を装着しても聞き取りやすくなりますので、「外出時は補聴器、会話・TV・音楽鑑賞時はみみ太郎」といった具合に使い分けも可能です。(聞き取り具合は個人差があります)
お使いの補聴器も無駄になりませんので、補聴器をお使いになられているすべての方にオススメいたします。





補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中

●耳の形に秘密があった!
 
開発当初、研究者が着目し、深い関心を寄せたのは人間の持つ貝殻の形をした耳『耳介(じかい)』の役割と効果でした。
 この複雑な耳の形は音の速さ、大きさ、距離、方向等に関係があると思われ、音がここを通ると、この形のために音の反射や屈折が起き、周波数も乱れます。そして、鼓膜を震わせ、脳へ音の情報を伝えているようなのです。

●耳は音を聞くだけでは無かったのです!!

耳はその形ゆえに脳に音を定位するための情報を伝達する事ができ、聞きたい音を集中的(選択的)に聞く事ができるのです(カクテルパーティ効果)。人ごみの中でも会話が出来るのはこの働きがあるからなんですね。

 私共は、左の画像にある人間の耳介の形をした音を拾い集めるものを作り(シリコンゴム製人工耳介)、その人工耳介を音の取り込み口に設け、この中にマイクを置けば、人が音を聞く状態で集音でき、自然で立体的な生の音が得られる考え、みみ太郎(SX-001)を開発しました。ですので一般的な補聴器とは構造が全く異なります。

補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中


●みみ太郎SX-007の特徴

みみ太郎(SX-007)は集音部分にシリコンゴムで作った人工的な耳介を使っていますが、他には一切特別な仕掛けがないのが大きな特徴です。
二つのマイクは子供から大人までの左右の鼓膜の間隔の平均値になるように取り付けてあり、これもより自然な音をお届けできる秘密です。



●みみ太郎SX-008の特徴

みみ太郎 (SX-008)は人工耳介技術を応用した特殊な集音マイクを開発したことで、集音部分を本体ではなくイヤホン部にを装着することが可能となりました。片耳でもより自然な聴こえを実現しています。


一般的な補聴器などは、デジタル処理をする器械などが入っているものがあります。しかし、人間の耳にはそういう機能は付いていません。
 そういった音を聞き分ける能力は、実は「脳の聴覚系」が行っているのです。
みみ太郎は健康な耳に近い状態で音を集め、脳に情報を提供し、後は脳の働きにお任せしています。

だから疲れないし、「生の聴こえ」が実現しているのです。
使う方自身の能力をお借りして聞こえるように支援するのが「みみ太郎」なのです。
これが補聴器にはない最大の特徴です。

みみ太郎を装着すると人間が本来持つ「聴くことへの集中力」が高まります。


補聴器あきらめないで!「みみ太郎」10日間無料貸出し実施中




補聴器を装着しても聞き取りやすくなりますので、「外出時は補聴器、会話・TV・音楽鑑賞時はみみ太郎」といった具合に使い分けも可能です。(聞き取り具合は個人差があります)
お使いの補聴器も無駄になりませんので、補聴器をお使いになられているすべての方にオススメいたします。









これ以外でもお進めはあるんですが。。。


とにかく安心できるんで、


進められます!

フィルターが作用する自動式のものがありますが、聞き取りに与える影響が極めて少ない自動方式を採用した機種が一番性能に優れているようです。また、
波は物質中を伝わる波動です。私たちが聞いている音というのは、(普通は)空気中を伝わってくる波動です。波動ですから振幅があり、振幅数(周波数)の違いは不快感を感じたり、耳を痛めることもあります。 小さい音から大きな音まで、ダイナミックレンジの中に収まるようにするためには補聴器を耳に出し入れする際、あるいは、補聴器と耳との形が合わない場合、ピーピーと不快な音が出ます。
HOMENext ≫
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
補聴器の選び方辞典
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 補聴器の選び方辞典 All Rights Reserved