忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうすぐ子供が生まれる。

そんな時、準備するものは?

当然の事ながら、赤ちゃんの衣料物が必要であるし、

また出産する本人の準備物も必要になるでしょう。

それに加えて、赤ちゃんが名なしって訳にはいかない!?

いくら遅くても出産予定の数ヶ月前から考えて置いたほうが、

直前で決まってないことを考えるとベターでしょう。

(期限は出産後2週間まで大丈夫ですが・・・)

あまり早く考えすぎると、男の子と女の子両方考えないといけなくなります。

これは、病院の先生によりけりだと思いますが、

先生のタイプで変わってきますね。


赤ちゃんの名前を産前に決めるか産後に決めるか、

これはどちらが良いということはありません。

赤ちゃんの顔を見てから名前を決めたい人もいるんではないでしょうか。

ただ、明日が出生届の期限なのに名前候補が1つもない。

こんな状況になるのは避けたいものです。

逆に、来年の5月に生まれる赤ちゃんに冬のうちから、

名づけを完了させるのもどうかと思います。

一般的に理想的な名前の決め方は、

赤ちゃんの生まれる1ヶ月前ぐらいまでに、

数種類の名づけ候補を決めておきます。

そして、両親や祖父母などと相談しながら、

最良の名前を絞って名前を決めるのが良い方法だと思います。

参考サイト

名づけを漢字から探す(PC)

名づけを漢字から探す(携帯)

以下名前に関するエトセトラ・・・

人の名前は多くの文化で、2つかそれ以上の種類の部分からなる。

多くの場合、「所属を示す名前」と「個人を指す名前」の組合わせが用いられる(ここでは便宜上仮にそれを"個人名"と呼ぶことで説明する)。あるいはそのどちらか一種類だけの場合もある。その数や扱いについては様々な習慣・制度が見られる(詳細は後述)。

分かりやすい例としては、その個人が属する「家(家族)の名前」と「個人の名前」の組み合わせである。英語圏では、個人名+家族名 (given name + family name) の順に表記されることが多い(配置に着目しファーストネーム+ラストネームとも呼ばれるが、文脈に応じ逆順で表記されることや文化混合による混乱を避けるために、given nameなる呼称が選ばれる流れがある)。現代の日本の一例を挙げれば「鈴木 + 一郎」であり、この場合は「家族名 + 個人名」の並びとなる。家族名、個人名はそれぞれ、姓(せい)、名(めい)などと呼ばれる。家族名はまた苗字、名字とも呼ばれる。"個人名"の部分は「名(な)」と呼んだり、なんら明確には呼ばずに済ませたりする。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
補聴器の選び方辞典
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 補聴器の選び方辞典 All Rights Reserved