忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

常用漢字に追加文字が出来るかもしれません。

漢字使用の目安である常用漢字の見直しが実施されるかもしれません。

これは、法律中に使用される頻度が高いことが理由みたいです。

賄賂の「賂」

禁錮の「錮」

勾留の「勾」

毀損の「毀」

瑕疵の「瑕」と「疵」


が追加候補にあがっています。

裁判員制度が始まり、

そういった漢字が目に触れる機会が増えたのも、

1つの要因かもしれません。

また、都道府県名に使われる

「茨」「岡」「媛」などや

韓国の「韓」、近畿の「畿」も加えられる検討がされている。


その他の漢字も追加の検討がされていて、

現在の1945文字から、5字(鉾、錘、勺、匁、脹)を外し、

191字を追加する予定もあるとか・・・・

実施は少なくとも来年2月以降です。


これで、名づけの範囲がまた増えますね!


こんな意見もあります・・・

今回加えられる文字のほとんどは同字体表と人名用漢字の中にあるが、
いくつかの文字は常用漢字表に加える際に、
字体を統一するのか、どうかが課題になる。
新字体を作るとなると社会に大きな負担を強いることになる。

さらに漢字追加の問題として、

「遡(そ)」が加えられたが、その「しんにゅう」を

1点のしんにゅうにするか2点のしんにゅうにするかといった、

問題も・・・


あまり難しいことはわかりませんが、

名ずけ出来る範囲が増えることは、

子供に名づけする親にとって、

嬉しいことです。




PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
補聴器の選び方辞典
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 補聴器の選び方辞典 All Rights Reserved