忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フィルターが作用する自動式のものがありますが、聞き取りに与える影響が極めて少ない自動方式を採用した機種が一番性能に優れているようです。また、
波は物質中を伝わる波動です。私たちが聞いている音というのは、(普通は)空気中を伝わってくる波動です。波動ですから振幅があり、振幅数(周波数)の違いは不快感を感じたり、耳を痛めることもあります。 小さい音から大きな音まで、ダイナミックレンジの中に収まるようにするためには補聴器を耳に出し入れする際、あるいは、補聴器と耳との形が合わない場合、ピーピーと不快な音が出ます。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
補聴器の選び方辞典
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 補聴器の選び方辞典 All Rights Reserved